HOME > 法人概要

社会福祉法人 白老宏友会

  • □その他事業所□
  • ■生活介護事業所 みらいえ
  • ■生活介護事業所 愛泉園
  • ■地域生活支援センター あぷろ
  • ■多機能型事業所 ポプリ
  • ■ベーカリーショップ ななかまど

法人概要

1.社会福祉法人の認可
昭和59年1月24日に厚生大臣より認可される
2.法人の住所
白老郡白老町川沿1丁目553番地1
3.法人の役員
理事長:茂木 靜 他理事6名 監事2名 評議員8名
4.実施事業
3障がい者(知的障がい・身体障がい・精神障がい、原則18歳以上)を対象に、第二種社会福祉事業を通じて、生活訓練及び作業訓練等を行い、 自立した日常生活を地域社会において営むことができるよう支援すること。
5.社会福祉法人の認可
(1)指定障がい福祉サービス事業生活介護事業所愛泉園の設置経営
  (認可施設:白老郡白老町字竹浦344番地13)
・平成25年4月1日事業変更
・主な日中活動支援の内容 農耕作業、軽作業(薬草・下請け等)、創作活動、レクリエーション等
(2)指定障がい福祉サービス事業多機能型事業所ポプリの設置経営
  (認可施設:白老町東町5丁目36-1)
・平成12年4月1日開所
・平成21年4月1日 就労継続B型事業 定員40名  生活介護事業 定員20名
・主な作業種 パンの製造販売、クッキーの製造販売、薬草製品の製造販売、下請け作業
(3)就労継続支援B型従たる事業所 ななかまどの運営(白老町大町2丁目2-17)
・平成13年4月1日開所
・主な作業種 「福祉の店」を併設してパンの販売、ケーキの製造販売など
(4)指定障がい福祉サービス事業生活介護事業所みらいえの設置経営
  (認可施設:白老郡白老町川沿1丁目553番地1)
・平成25年4月1日開所
・定員 生活介護40名
・主な日中活動支援の内容 創作活動、レクリエーション、軽作業、入浴等の生活支援等
(5)障がい者の共同生活援助事業
・地域生活支援センターあぷろの運営 定員98名
・グループホーム共同生活住居の運営(平成2年より開始)
みなハウス(5名)白老町の市街地
青葉ハウス(5名)同  上
白老ハウス(4名)同  上
ハイツ日の出(5名)同  上
みずきハウス(4名)同  上
アパート(3名)同  上
大町ハウス(5名)同  上
桜丘ハウス(5名)同  上
すずらんハウス(4名)同  上
あさひハウス(5名)同  上
ホームりん(5名)同  上
グループホームいころ(7名)同  上
グループホームのんの(7名)同  上
グループホームれら(7名)同  上
グループホームそら(7名)同  上
グループホームとも(7名)同  上
グループホームのあ(7名)同  上
グループホームかい(6名)同  上
(6)短期入所時業(認可施設:地域生活支援センターあぷろ)
・指定障がい福祉サービス短期入所(単独型) 定員3名
・指定障がい福祉サービス短期入所(併設型) 定員1名
(7)特定相談支援事業ゆから
(8)その他の事業
・共生型事業所はぁもにぃの設置運営
  (認可施設:白老郡白老町川沿1丁目553番地1)
・地域住民との交流事業(ご近所野菜市、現代版寺子屋、ほっこり食堂など)
戻る

沿 革

昭和59年 4月知的障がい者更生施設「白老愛泉園」を定員30名(男20名、女10名)で開設する。理事長 加藤信雄、初代施設長 大高リョウ
昭和61年 4月任期満了にともなう法人役員改選
昭和61年10月和多志の会の協力により、多目的施設「和多志の家」開設(255.04㎡)
昭和62年 4月女子2名増員の認可を受け、定員32名となる(男20名、女12名)
昭和63年 3月カラートタンプレハブ作業場完成(48.60㎡)
昭和63年 4月任期満了にともなう法人役員改選。2代目理事長 川田 清
昭和63年10月法人新役員体制となる。3代目理事長 大頭 和良、2代目施設長 金田 崇
昭和63年12月作業訓練用椎茸ハウス設置(5千本体制)
平成 1年 3月「愛泉だより」が創刊となる
平成 1年 4月作業訓練に「木工」「はた織」及び「下請作業」を取り入れるとともに、作業場の整備を図る
平成 1年 7月自活訓練事業を開始する
平成 2年 1月定員増員となる。32名(男20名、女12名)→36名(男24名、女12名)
平成 2年 4月グループホーム「東町ハウス」開設(無認可)
平成 2年 9月グループホーム「東町ハウス」認可される
平成 2年 9月グループホーム「大町ハウス」開設(無認可)
平成 3年10月「ななかまど地域共同作業所」仮オープン
平成 4年 4月白老町大町2丁目2番17号の土地・建物を取得――知的障がい者地域ケアセンター(地域共同作業所、グループホーム等)として活用
平成 4年 5月白老愛泉園がバックアップ施設となり、「ななかまど地域共同作業所」が正式オープン
平成 5年 4月グループホーム「大町ハウス」認可される
平成 5年 4月愛泉園への通所部併設が受理される。定員43名(入所36名(男24名、女12名)、通所7名)
平成 5年 4月作業班を機構改革し、2科体制とする。
下請班、家政・縫工班 → 訓練科  農耕・木工、椎茸 → 授産科
平成 5年 4月しいたけ作業場完成
平成 5年 5月資源リサイクル倉庫設置
平成 6年10月白老宏友会並びに白老愛泉園10周年記念式典を開催
平成 7年 3月地域ケアセンターの隣地を取得、所有権移転登記を完了する。
大町2丁目887番5(6.45㎡)
平成 7年 4月入所定員4名増員して47名となる(入所40名、通所7名)
平成 7年 4月愛泉園に地域福祉担当部を新設
平成 7年12月白老町総合保健福祉センター委託清掃作業を開始
平成 8年 4月愛泉園「薬草の里」造成開始
平成 8年 4月第3番目のグループホームが認可される(白老ハウス)
平成 9年 6月グループホーム「大町ハウス」を高砂町に移転し、「高砂ハウス」へ改称する
平成 9年 6月「大町ハウス」の跡地に、分場「ポプリ」を開設(定員7名)
平成 9年10月第4番目のグループホーム「西原ホーム」を東町に認可開設
平成 9年12月分場「ポプリ」東町5丁目へ移転開所(既存の分場7名に通所部7名を統合し、かつ71名を増員し計15名定員で再開)
平成10年 9月白老愛泉園敷地を取得、所有権移転登記完了。白老町字竹浦344番地13
山林(9,917㎡ 7,195千円)
平成11年11月白老愛泉園敷地を取得、所有権移転登記完了。白老町字竹浦343番地12
山林(6,611㎡ 500千円)
平成12年 4月通所授産施設「ポプリ」開設(定員30名)白老愛泉園分場を閉鎖
平成12年 4月法人役員任期満了による改選。4代目理事長 冨士 博次。
顧問の新設、初代顧問 大頭 和良。総合施設長 金田 崇。白老愛泉園施設長 大高 宏雄、ポプリ施設長 金井 晃。
平成12年 8月グループホーム「桜丘ハウス」認可
平成12年10月第5番目のグループホーム「桜丘ハウス」を緑丘に開設
平成13年 4月ななかまど地域共同作業所を閉鎖し、ポプリ分場「ななかまど」を開設(定員15名)
平成13年10月第6番目のグループホーム「すずらんハウス」を東町に認可開設
平成14年 4月常務理事の新設 初代常務理事 金田 崇
平成14年 5月社会福祉法人白老宏友会に評議員会を新たに設置
平成15年 4月通所授産施設ポプリ定員を7名増員し37名とする
平成15年 4月通所授産施設ポプリ施設長に茂木 静 就任する
平成15年 6月白老愛泉園敷地内に利用者憩いの家「レモングラス」(38.8㎡)開設
平成15年 9月グループホーム「白老ハウス」を白老町大町に移転する
平成15年10月白老町大町地区に地域生活支援センター「あぷろ」を開設
平成16年 4月通所授産施設ポプリ定員を3名増員し40名とする
平成16年10月白老宏友会並びに白老愛泉園20周年記念式典を開催
平成17年 1月グループホーム「ハイツ日の出」認可
平成17年 4月ポプリ分場「ななかまど」建て替え、定員を4名増員し19名とする
平成17年 5月ななかまどの建物を全改築しリニューアルオープン
平成17年 9月北海道福祉協会みんなアート2005によさこいチーム「まねき猫」出演
ななかまどがSTVテレビ「どさんこワイド204」にて放映される
平成17年12月第2回ユニバーサルベーキングカップ2005本大会出場。「ジャパンベッカーマイスター協会賞」受賞
平成18年 4月第5代理事長 小田井 虎雄 就任。
「障害者自立支援法」一部施行。グループホーム「サハラ」認可
平成18年 6月「知的障がい者の福祉サービスの確保を求める緊急集会」(東京・日比谷)に利用者、保護者、職員参加
平成18年 9月白老愛泉園 食堂エアコン設備設置
平成18年10月白老愛泉園短期入所、あぷろケアホーム・グループホーム自立支援法新体系開始
平成18年12月白老愛泉園事務業務車両購入
平成19年11月地域生活支援センターあぷろ新築落成式
平成20年 1月あぷろ短期入所事業認可
平成20年 2月中央競馬馬主福祉財団より愛泉園給油用ボイラー設備更新(補助金額350万円)
平成20年 3月就労訓練等設備整備事業により、ななかまど高圧受電設備工事、電気オーブン1段・電気フライヤーを整備(補助金額500万円)
平成20年 4月就労訓練等設備整備事業によりポプリパン工場の整備(プレハブ冷蔵庫・急速冷凍庫・コールドテーブル・製氷機)購入(補助金額4,972千円)
平成20年 8月グループホーム「すずらんハウス」(賃貸)の代替えとして土地建物を購入改修する(白老町東町5丁目174番11 土地315.97㎡ 建物162.3㎡ 購入改修額 13,778,800円)
平成21年 2月基盤整備事業により生活介護事業への移行準備としてポプリ増築・改修工事を行う(補助金額2,000万円)
平成21年 4月ポプリ新体制移行(多機能型)
平成21年 5月北海道共同募金会からの助成事業により、白老愛泉園の送迎車両ステップワゴンを購入(助成金額98万円)
平成21年11月みずきハウス建物購入及び給排水衛生設備改修工事。(白老町リホーム助成金 400千円)
平成21年12月あぷろ白老ハウス玄関・和室・浴室等改修工事(障害者就労訓練設備等整備事業 補助金額 2,331千円)
平成22年11月「はぁもにぃ」建設用地土地購入(川沿1丁目553番1)、ケアホーム建設用地購入(東町5丁目39番9)
平成24年 1月川沿1丁目553番1に共生型事業所1棟(法人本部、地域生活支援センターあぷろ、短期入所)、ケアホーム5棟を建設
平成24年 1月東町5丁目39番9にケアホーム2棟(そら 202.88㎡、とも 202.88㎡)建設(総事業費 83,045,970円)
平成24年 1月地域生活支援センター「あぷろ」の一部をグループホーム「りん」に改修工事(総事業費 1,786,368円))
平成24年 2月白老愛泉園多機能型事業所移行の為、基盤整備事業を活用して内部改修工事を行う(総事業費 20,937,840円 補助金額 2,000万円)
平成24年 3月あぷろ 財団法人日本財団より、助成にて送迎車両購入。ニッサンシビリアンロング 29名乗り(助成金額355万円)
平成24年 3月白老愛泉園、入所更生施設を廃止。日中系事業所として名称を「愛泉園」へ変更、多機能型事業所(定員 生活介護35名、就労継続B 10名)へ移行する。入所利用者はケアホームへ転居する。
平成24年 3月共生型事業所、ケアホーム完成落成式開催(白老中央公民館)
平成24年 4月任期満了に伴う法人役員改選 6代理事長 森 豊吉 就任
平成24年 7月「あさひハウス」用敷地建物購入(日の出町3丁目43番地17 土地 330.01㎡ 建物 174.69㎡)(総事業費 13,364,434円) 
平成25年 2月生活介護事業所「みらいえ」(川沿1丁目553番地1 657.28㎡  社会福祉施設整備事業補助金額 7,950万円)
平成25年 4月生活介護事業所「みらいえ」開設(定員40名)
平成25年 4月多機能型事業所「愛泉園」を生活介護事業所へ変更(定員20名)
平成25年10月グループホーム「りん」スプリンクラー設置工事(スプリンクラー補助金額 1,755千円)
平成25年12月白老町津波一時避難協定調印式締結(生活介護事業所愛泉園)
平成26年 1月大友福祉振興財団より助成を受け、生活介護事業所「みらいえ」自動体外式除細動器(AED)一式 1台設置(助成額 151,200円)、共同生活援助・介護一体型事業所「あぷろ」自動体外式除細動器(AED)一式 2台設置(助成額 302,400円)
平成26年 3月ポプリ 財団法人日本財団より、助成にて送迎車両購入。ホンダステップワゴン 8名乗り(助成金額 130万円)
平成26年 3月みらいえ 財団法人日本財団より、助成にて送迎車両購入。ホンダステップワゴン 8名乗り(助成金額 130万円)
平成26年 3月共同募金会より100,000円の助成を受け、コアクリーン472,500円を購入
平成26年 4月任期満了に伴う法人役員改選 理事長 森  豊吉 留任
平成26年 4月グループホーム「のあ」開設(定員7名)
平成26年10月共同募金会より430,000円の助成を受け、生活介護コーヒー焙煎機増設
平成26年12月社会福祉法人白老宏友会創立30周年記念式典・記念講演挙行
平成26年12月社会福祉法人白老宏友会創立30周年法人内研究発表会開催
平成27年 4月グループホーム「かい」開設(定員6名)
平成27年 4月特定相談支援事業所「ゆから」開設
平成27年 6月短期入所「かい」開設(併設型 定員1名)
平成27年10月大友財団より423,300円助成を受けグループホーム「とも」「れら」のトイレ改修
平成27年12月共同募金会歳末たすけあい運動義援金として64,000円の助成を受け、ななかまどにシール機76,680円を購入
平成28年 3月「地域特性を活かした商業観光・雇用創出応援事業」として2,000,000円の助成を受け、ポプリ工場に南蛮釜を購入
平成28年 4月任期満了に伴う法人役員改選 7代目 理事長 鈴木 靖男 就任
平成28年 5月グループホーム「東町ハウス」(賃貸)の代替として法人がグループホーム「みなハウス」用敷地建物購入改修(白老町大町4丁目6-13 土地363.01㎡ 建物105.98㎡ )
平成28年 6月多機能型事業所「ポプリ」パン工場改修工事
平成28年12月建設協会建物取得
平成28年12月白老商工会職員住宅1棟の無償譲渡を受ける
平成29年 1月建設協会建物改修工事
平成29年 3月地域生活支援センターあぷろ 新事業所移転(白老町東町2丁目2-22)
平成29年 4月8代目理事長 茂木 靜 就任
平成29年 6月社会福祉法改正による評議員改選を実施 評議員8名選任
戻る